Xeurekaは創薬研究に必要なSolutionをDry(計算創薬)とWet(実験創薬)の両方の視点で提供致します。
解析サービスに加え、今後はSoftwareでの販売、SaaS提供を予定しております。
またお客様のニーズにあわせたSolutionカスタマイズや計算環境の提供含めて、ご相談ください。

Target Analysis Target Analysis

  • AlphaFold2等の構造予測AIを活用し、Targetとなるタンパク質の立体構造を多様に生成すると共に分子動力学計算による最適化を実施。SBVSに活用できる立体構造情報の生成を目指す。
  • 低解像度のX線結晶構造データを高解像度化し、創薬研究での応用ができる立体構造の生成を目指す。

Ultra Large Scale Virtual Screening Ultra Large Scale
Virtual Screening

  • Billionオーダーの規模を持つ仮想化合物ライブラリーや、AIにより様々な指標に最適化して生成されたデザインライブラリーなどニーズに併せたライブラリーへのVirtual Screeningを実施。
  • Structureベース、Ligandベースの両面から最適なVirtual Screeningアプローチを検討。
  • 計算リソースの動的な管理、Active Learningベースのドッキング実装など、計算コストを低減させるプラットフォームを構築。
  • 事例紹介

Large Scale Binding Free Energy Calculation Large Scale Binding
Free Energy Calculation

  • ドッキングスコアのリスコアリングなどにも利用することを念頭に日常的に数十~数百といった絶対結合自由エネルギー計算を行い、更に対象を数千規模まで拡張できるプラットフォームを開発。
  • FMO-DFTB法の活用により、膨大な計算量を必要とする量子化学計算の大幅な高速化と計算精度の維持の両立を実現する手法を実装。